• 雑誌等の取材も受ける巧の磨き技術
  • 1台1台外気を遮断した個室ブースでの施工
  • 独自の磨き技術により実現する極上の仕上り
  • 無料メンテンスで施工後の心配も一切なし

【これからコーティングを検討される方に是非読んで頂きたいブログ】 このブログにて、当社のこだわりの作業や、キャンペーンの案内等をアップして参ります。 貴方のお車に適切なコーティングや、施工店を選ぶポイントにして頂ければと思います。 最高に輝かせたいならNOJ!

『新車をコーティングされる際の注意点』

『経年車をコーティングされる際のポイント』

『コーティング施工後の注意点とは・・・』 

『せっかくコーティングしたのに、傷がついたらどうしますか?』

 

【 納車日に直納の新車でも、これだけのスクラッチ傷と水垢が付いてます!! 】それでも磨かずにコーティングしますか??

皆さんこんにちは、
車のボディーの磨き + コーティング専門店のNOJ(エヌオージェイ)です。

4月に入りましても、おかげ様でかなり忙しくさせて頂き、なかなかブログアップ出来ておりませんが、
今回は新車で購入されたハリアーのご紹介をさせて頂きます。

 

 

 

 

 

こちらのハリアーのオーナー様は、ディーラーさんで納車されたその日に、当店にご入庫頂きました。

いつもの事ではありますが、スクラッチ傷があちこちに!!!
更に水垢までもあちこちにございました。

 

 

そうなんです!!

新車でもこれだけのスクラッチ傷や水垢が入っている事はもう当たり前の事なんです!!

 

原因は色々ありますが、これはこれで受け止めた上で、

このままの状態で磨かずにコーティングされるか!?

きちんとスクラッチ傷や水垢を落とした上でコーティングするか!?

 

ではないかと思います。

 

NOJでは、このスクラッチ傷や水垢を、ツルツルの鏡面に磨き上げてから、コーティングを施工しております。

 

現在の日本における車環境は、花粉な黄砂、そして酸性雨と、洗車しないで1週間も外に置いておくと、汚れが凄い事になってしまう訳で、
もしそのまま洗車しないで放置すると、水垢や汚れで覆われて、もう洗車では落ちなくなって、しまうと共に、ボディーの表面を侵食されてしまう訳です。

 

それではお車を本当のツルツルのピッカピカ、艶々を保つ為には、

 

❶ 新車でも経年車でも、ボディーの汚れや水垢、スクラッチ傷を落とし、ツルツルの鏡面に磨き上げる事。

ここはプロの磨き技術が必要となります。

 

❷ コーティング剤は、出来るだけ長く効果が持続する物を選ぶ事。

長く効果が持続するコーティング剤とは、ガラスの純度が高い物。
逆に言うと、艶が出る成分や、水を弾く成分、スクラッチ傷を一時的に埋めて、傷を表面的には消す成分が入った物は、ガラスの純度が低くなってしまうので、その様な余分な成分が入っていない物がオススメです。

 

❸ コーティング施工後は、数ヶ月に一度のメンテナンスでコーティングの効果を維持すること。

NOJでは、コーティング施工後のメンテナンスを無料で施工させて頂いております。
目安は3カ月に一度程度NOJにご来店頂き、洗車とメンテナンスを実施致します。
( メンテナンスの際の洗車代は頂戴しております )

 

この❶ ❷ ❸ の3つを実践する事で、貴方のお車もずっと新車の輝き、いや新車以上の艶と輝きをずっと維持出来る訳です!!

 

画像をご覧下さい!!

新車のトヨタのハリアー。
ボディーカラーは、スパークリングブラックです。

磨き前と、磨き後でこれだけの差が出る訳です。

 

貴方のお車、新車でも経年車でも、この様なスクラッチ傷や水垢が付いた状態できちんと磨きをかけずにコーティングする事を選択されますか??

 

国内最大級 10店舗
磨き + コーティング専門店 NOJ
本気で最高に輝かせ続けたいならNOJへ!!

Car Coating & Beautiful Car Life

NOJ JAPAN 株式会社
京都府京都市伏見区久我森の宮町14ー8

075−203−6045‬

0120-949-889‬

info@noj-kyoto.com ⬅︎ お問い合わせメール

http://noj-kyoto.com/ ⬅︎ ホームページ

 

【 磨き前 】

【 磨き後 】

【コーティング施工後 】 NOJセラミックコーティング施工

2018年4月17日  Category 【 こだわりの磨き 】, 【 ホイールコーティング 】, 【 メンテナンス 】, 【 窓ガラス撥水 】, 【 親水性ガラスコーティング 】  Comment:0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA