• 雑誌等の取材も受ける巧の磨き技術
  • 1台1台外気を遮断した個室ブースでの施工
  • 独自の磨き技術により実現する極上の仕上り
  • 無料メンテンスで施工後の心配も一切なし

【これからコーティングを検討される方に是非読んで頂きたいブログ】 このブログにて、当社のこだわりの作業や、キャンペーンの案内等をアップして参ります。 貴方のお車に適切なコーティングや、施工店を選ぶポイントにして頂ければと思います。 最高に輝かせたいならNOJ!

『新車をコーティングされる際の注意点』

『経年車をコーティングされる際のポイント』

『コーティング施工後の注意点とは・・・』 

『せっかくコーティングしたのに、傷がついたらどうしますか?』

 

【 新車のアバルト595、、、新車でもこれだけスクラッチ傷が!? 】 それ、皆さん知ってました??

皆さんこんばんは、
車のボディーの磨き + コーティング専門店のNOJ(エヌオージェイ)です。

 

 

 

 

 

 

 

さて、今回は新車で購入され、ディーラーさんから納車日にご入庫頂きました、アバルト595のご紹介です。

 

皆さんご存知でしたか?

 

新車で、しかもディーラーさんから納車された当日でも、ほとんどのお車に、既にスクラッチ傷や水垢が入ってしまっている事を!

 

実はこれ、本当に本当なんです!

 

新車でもほとんどのお車にスクラッチ傷や水垢が入っています。

 

では、新車でもスクラッチ傷や水垢が入ってしまっているのに、
ツルツルの鏡面に磨いて、スクラッチ傷や水垢を無くさないまま、コーティングしてもいいって方、
おられますか??

 

やはりスクラッチ傷や水垢をツルツルの鏡面に磨きあげてから、コーティングした方が良くないですか??

 

NOJでは、新車でも経年車でも、ツルツルの鏡面に磨きあげてからコーティングさせて頂いております!

 

もちろんその為に、
お車の汚れを綺麗に落とした上で磨き専用ブースに入れ、
外気を遮断した環境で、磨き専用の照明をボディーに当ててスクラッチ傷や水垢をキチンと確認しながら磨いております。

 

逆に磨き専用ブースがない設備で、ツルツルの鏡面に磨くのは、ほぼ不可能です。

 

やはり外気を遮断して、専用の照明がある設備のブースは、ツルツルの鏡面に磨くには、必要不可欠なわけです。

 

皆さんが、もし他社や購入されたところでコーティングを検討しておられるなら、まずその設備がどうなのかをご確認下さい。

 

 

画像のアバルト595、ご覧の通り新車であるにもかかわらず、やはりスクラッチ傷と水垢がかなり付いておりました。

 

もちろんツルツルの鏡面に磨きあげてから、セラミックコーティングを施工させて頂きましたので、スクラッチ傷が付きやすいブラックのボディーも、これで安心ですね!!

 

弊社が扱うセラミックコーティングの硬度は、なんと日本一硬い、13 H なんです。

ブラックボディーのお車には、必須なコーティングですね!

 

新車だけでなく、
もし、以前に他社でコーティングしてしまったお車でも、
NOJで改めてツルツルの鏡面に磨き上げてから、コーティング出来ますので、
お車まだまだ乗られるって方は是非お近くのNOJにご相談下さいませ^_^!!

 

 

Car Coating & Beautiful Car Life

国内最大級 11店舗
磨き + コーティング専門店 NOJ

本気で最高に輝かせ続けたいならNOJへ!!

‪0120-949-889

info@noj-kyoto.com ⬅︎ お問い合わせメール

http://noj-kyoto.com/ ⬅︎ ホームページ

 

 

【 磨き前 】

【 磨き後 】

【 コーティング施工後 】

【 マスキング 】

2018年9月9日  Category 【 こだわりの磨き 】, 【 ホイールコーティング 】, 【 窓ガラス撥水 】, 【 親水性ガラスコーティング 】  Comment:0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA